<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
tuna.be
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
DRECOM RSS
<< ゆめからさめちゃって、 | main | 出来れば全て届けたい 手紙に書いた願い >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.05.11 Sunday  | - | - | - | 

ばめんでいこうすてっぷあっぷ

はー。最終更新2010年とか(゜Д゜)
びっくり。
2011年一発目、の更新が7月7日です。
七夕ですねこんばんわ(´∀`)
北海道は8月7日が七夕ですけどね。笑
年1のコンサート、
毎年織姫と彦星の気持ちでいます。
会わせてよ年に1回なんだから!と
思い祈りつつ振り込みをしていましたが。
今年はなんだか計画もままならないまま
申し込みだけしましたよ。
そしたら友だちの名義はダメだったけど
ワタシの名義は取れましたいぇい。
なんだかんだハズレ知らずなワタシ。
ワタシ名義はいざナウ以来、
ハズレ知らず。
この前初めてこの名前にしてくれて
ありがとうと本気で思いました。笑



…て、それを書きに来たんじゃなかった。
ニッポンの嵐を読んでの感想…というか、
ウチが勝手に思ったコト。

雅紀がまさか介護についてとかに
してるとは知らず、ただびっくり。
介護の職に就いて早くも3年目になり、
後輩が増えたり同期が体調崩したり
先輩が寿退職したり転職したり。
勤務大変なんだよなぁ…とかしか
正直考えてなかったワタシはアホかと
本気で思いました。

いや、色々考えてはいるけれども。
毎日仕事と時間に追われて
こなすのが精一杯な今、
じぃちゃんばぁちゃんが
ウチの言ったコトで
笑ってくれたらいいなぁ、とか
この人の為になにが出来るんだろう、とかそんなコトしかね、正直考えてなかった。
その人らしく、はそりゃ考えてるよ。
でもやっぱりウチら介護員が
一生懸命やってたって、
結局家族と家で暮らすのが1番なわけで。
いっつも帰る帰る言ってるばぁちゃんが
娘が来るとシャキッとしたり、
ウチらの前では30歳!とか言ってても
孫が来るとばぁちゃんの顔になったり。

雅紀が行った所は、
1人ひとりと関われて面と向かえて
すごくいい環境なんだと思った。
ウチが羨ましかったのは、
玄関が全開だってとこ。
そんなコト、って思うかもしれないけど。
ウチの施設は特養だからそりゃ違うけど。
でも、出てっちゃったら出てっちゃったで
一緒に途方に暮れる、っていいよね。
ウチもそういうのやりたい。
ウチの施設の玄関は、自動ドアなんだけど
解除ボタンを押さないと出られないの。
利用者の安全の為ではもちろんあるんだが
帰る帰るって不穏になる利用者が、
もし外に出てそれで満足するなら
玄関から出してあげたいと思う。
もちろん、リスクは色々あるよ?
事故に遭ったらとか転倒したらとか。
でも本来そうじゃないんじゃないか、と
考えた今日この頃です。
支離滅裂。笑



 
2011.07.07 Thursday 00:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 

スポンサーサイト

2014.05.11 Sunday 00:24 | - | - | - |